澎湖ツーリングのススメ(前編)

2018年5月12日

澎湖ㄆㄥˊ ㄏㄨˊには花火を見に行ったんですが、そのまま帰るのはもったいないので原付を借りてツーリングをしてきました。

手続きを踏めば日本の運転免許でも台湾で運転することができるんですが、お店によっては外国人には貸してくれないところもあるようでドキドキしていたんですが。。。

六合租車公司で借りた

澎湖での宿泊は馬公港ㄇㄚˇ ㄍㄨㄥ ㄍㄤˇ付近の和田大飯店ㄏㄜˊ ㄊㄧㄢˊ ㄉㄚˋ ㄈㄢˋ ㄉㄧㄢˋ。道を挟んでその向かいにある六合租車公司ㄌㄧㄡˋ ㄏㄜˊ ㄗㄨ ㄔㄜ ㄍㄨㄥ ㄙで原付を借りました。

六合租車公司

最悪はなぜか免許不要で乗れると噂の電動スクーターになるかなと覚悟していましたが、宿の人がうまいこと手続きを進めてくれて、すんなりと125ccのでかいスクーターを借りることができました。しかも50NTDの割引券までもらえたので、24時間で350NTDでした!

借りたのは山葉ㄕㄢ ㄧㄝˋのRAY。全く使うアテはないけれど、メットもふたつ付いています。

ヤマハ RAY125

ガソリンは半分ぐらい残っていたんですが、スクーターの航続距離がよくわからなかったので念のため給油しました。給油口がわからなくてあたふたしていたらスタンドのお姉さんがテキパキと作業してくれます。

スクーターに給油

給油口、そんなトコにあるのか!しかも電磁式っぽい。21世紀だ!

澎湖跨海大橋を見に行こう!

澎湖のことを色々調べているとよく出てくる澎湖跨海大橋ㄆㄥˊ ㄏㄨˊ ㄎㄨㄚˋ ㄏㄞˇ ㄉㄚˋ ㄑㄧㄠˊ。まずはこれを見に行きましょう。

澎湖島概要にも書きましたが、澎湖本島には橋で繋がれた三つの島があります。澎湖跨海大橋は澎湖本島側三つ目の島、白沙島ㄅㄞˊ ㄕㄚ ㄉㄠˇと、最も遠い島、西嶼ㄒㄧ ㄩˇとを繋ぐ橋です。ホテルから橋まではGoogle Mapsによると20km弱。縣道203號一本で繋がっています。

澎湖は離島とは言いながら馬公港を少し離れると結構大きめの道路があって、それなりに交通量もあります。流石に台北ほどじゃあないけれど、運転は要注意!

それから右側通行にも要注意。交差点を曲がったり駐車場から出たりする時、ついうっかり左車線に入りがちです。

たまに機車ㄐㄧ ㄔㄜ(スクーターのこと)専用車線があったりするので、気付かずに汽車ㄑㄧˋ ㄔㄜ(自動車のこと)の車線を走らないようにしましょう!機車専用車線は0.6車線ぐらいの幅なので、追い越しするときははみ出しちゃうけどね。

途中、中屯嶼ㄓㄨㄥ ㄊㄨㄣˊ ㄩˇ中屯風力園區ㄓㄨㄥ ㄊㄨㄣˊ ㄈㄥ ㄌㄧˋ ㄩㄢˊ ㄑㄩに立ち寄って小休止。

中屯風力園區

中屯風力園區

澎湖跨海大橋

馬公の町なかで道に迷ったりしながらもどうにかたどり着いたのは出発してから1時間後。ま、のんびり走ればいいのよ。

澎湖跨海大橋

朝の9時ともなれば観光バスもやって来るので、写真を撮るおじちゃんおばちゃんが大勢います。

ちょっとしたお土産物屋もありますよ。

澎湖跨海大橋の土産物屋

白沙島側には充電ステーションもたくさんありました。電動スクーターの航続距離がどのくらいか知りませんが、この辺で充電できるのなら西嶼の先の方まで安心して行けそうですね。

澎湖跨海大橋の充電スタンド

橋を渡っていると古い橋脚の残骸を見ることができます。

澎湖跨海大橋の古い橋脚

路肩に止めて…とかしなくても、スクーターなら要所に駐車スペースがあるので安全に見ることができますよ。

澎湖跨海大橋上の駐車スペース

観光バスは橋を渡らずに引き返すのか、西嶼側は人も少なく写真を撮るのも楽です。スクーターを入れてパチリ!

澎湖跨海大橋

漁翁島燈塔へ行こう!

ライダーは先っちょが好き!(弊社調べ(w)ということで、西嶼の最果てにある灯台を見に行きます。漁翁島燈塔ㄩˊ ㄨㄥ ㄉㄠˇ ㄉㄥ ㄊㄚˇまたは西嶼燈塔ㄒㄧ ㄩˇ ㄉㄥ ㄊㄚˇと呼ばれています。

途中で休憩した內垵沙灘ㄋㄟˋ ㄢˇ ㄕㄚ ㄊㄢ。綺麗な海!

澎湖の海

空いた縣道203號を気持ちよく走りますが、このちっぽけな灯台を見落とさないように!ここから縣道を逸れるとその先がお目当ての灯台です。

漁翁島燈塔行きの表示

駐車場にスクーターを停めて、撮影禁止の軍事施設(!)エリアを抜けると漁翁島燈塔がありました。

漁翁島燈塔

灯台の敷地内には霧笛や霧砲、展覧室などもありますよ。

漁翁島燈塔の霧砲

漁翁島燈塔の霧笛

しばし海を眺めてみたり。。。

漁翁島燈塔の海

澎湖ツーリングのススメ(後編)に続く。。。