マルコポーロ1号で厦門から金門島へ渡った

マルコポーロ1号、中国語では马可波罗一号ㄇㄚˇ ㄎㄜˇ ㄅㄛ ㄌㄨㄛˊ ㄧ ㄏㄠˋと書きます。中国の厦门ㄕㄚˋ ㄇㄣˊと台湾の金門島ㄐㄧㄣ ㄇㄣˊ ㄉㄠˇは海を隔ててほんの10km程度。香港とマカオよりも近い。

ということで今回、船で越境してみました。

五通港でチケットを買う

フェリーは厦门の五通码头ㄨˇ ㄊㄨㄥ ㄇㄚˇ ㄊㄡˊから出ています。港まではバスで移動しました。

厦門のバス

厦门の中心地、梧村汽车站ㄨˊ ㄘㄨㄣ ㄑㄧˋ ㄔㄜ ㄓㄢˋ付近からバスで揺られること1時間ほどで到着。五通码头が終点です。

厦門フェリーターミナルの駐車場

船に乗れないと困るので今回は前日に座席予約に来ました。入口を入って目の前にチェックインカウンターらしきものもあるけれど、右手にずらりと並ぶ旅行代理店。

厦門フェリーターミナルのチェックインカウンター

いまいちシステムが良くわからないまま、小姐ㄒㄧㄠˇ ㄐㄧㄝˇが声を掛けてくれた一番手前の代理店で予約してみる。

厦門フェリーターミナルの代理店

適当に「我要明天的票ㄨㄛˇ ㄧㄠˋ ㄇㄧㄥˊ ㄊㄧㄢ ㄉㄧˊ ㄆㄧㄠˋ…」とかなんとか。。。

幾點ㄐㄧ ㄉㄧㄢˇ?」通じた。(〃∇〃)

昼前後が良いなと思って「正午」って筆談してみるも伝わらず。そりゃそうだ。午前は上午ㄕㄤˋ ㄨˇ、午後は下午ㄒㄧㄚˋ ㄨˇ。その法則から行くと正午は中午ㄓㄨㄥ ㄨˇだからね。「正午」ってなんだよ(wってなる。

それでも11時半の船を押さえることができました。ちなみにカードは利用不可。残り少ない人民元でお支払い。160元だったかな。

「乗船1時間前までに来てね」とメモ書きされた引換券をもらいました。筆談可能ってのは日本人の特権だな。厦门千正票务ㄕㄚˋ ㄇㄣˊ ㄑㄧㄢ ㄓㄥˋ ㄆㄧㄠˋ ㄨˋっていうのがこの代理店の名前かな?

フェリー引換券

フェリーに乗る

翌朝、遅刻しちゃいけないと早めに出たら1時間前どころか2時間前に着いちゃう。

厦門のフェリーターミナル

昨日と打って変わって混んでる。金曜の朝なんだけどなぁ。特にすることもないので昨日のカウンターへ乗船券引き換えに向かうと10時の便に変更してもらえました。漢字単体では一部意味がわからないものの、状況からなんとなく推測できるでしょ?

筆談

要提前嗎ㄧㄠˋ ㄊㄧˊ ㄑㄧㄢˊ ㄇㄚ˙?」は「早いのに変える?」だし、「稍等我去換票ㄕㄠ ㄉㄥˇ ㄨㄛˇ ㄑㄩˋ ㄏㄨㄢˋ ㄆㄧㄠˋ」は「チケットに換えてくるからちょっと待ってて」だ。「待つ」という動詞が「等」だと知っていれば「稍」が「ちょっと」だとわからなくてもだいたい理解できる。

パスポートを預けて待つことしばし。ボーディングパスをゲット!

フェリー乗船券

出港時刻まで30分を切っているけれどセキュリティチェックの長い列。ここをクリアすると出国審査です。

厦門フェリーターミナルセキュリティチェック待ち

ここでの失態は出国カードを書いていなかったこと。幸い出国審査は混んでいなかったので、カードを記入して再トライしてもなんとか間に合いました。

厦門から乗船

マルコポーロ1号

ほとんど最後尾になったので席が空いていなかった(正確には座席に荷物を置いている人もいたので空いてると思う)のですが、あぶれた10人ほどは船首側の貴賓室に通されました。ラッキー!

マルコポーロ号の貴賓室

下船は最後だったので一般席はガラガラ。このくらいの広さの船ですよ。

マルコポーロ号の船室

水頭港に荷物を預ける

船に揺られること30分程で金門島の水頭碼頭ㄕㄨㄟˇ ㄊㄡˊ ㄇㄚˇ ㄊㄡˊに到着しました。

金門島に到着

飛行機と違って入国カードが配られないのでここでも入国審査前のカウンターで書類記入します。大して混んでいないからどうってことないですが。

水頭碼頭は金門島の中心地からは外れていてバスで20分ほど掛かります。このまま宿へ向かってもいいのですが、近くにちょっとした集落があるようなので観光してから移動したいもの。なので荷物を預けて行きましょう。

到着ロビーで金門島のガイドマップを貰ってから案内所でロッカーがないか聞いてみました。この普通な感じの建物が到着ターミナル。

金門島フェリーターミナル到着ロビー

どうやら左側の出発ロビーの建屋にロッカーがある模様。出発ターミナルは船っぽいデザイン。

金門島フェリーターミナル出発ロビー

行ってみると12個あるロッカーにはどれも鍵がついていない。

金門島フェリーターミナル内のロッカー

隣の護理站ㄏㄨˋ ㄌㄧˇ ㄓㄢˋ服務台ㄈㄨˊ ㄨˋ ㄊㄞˊで荷物を預けたい旨伝えてみると近くにいた日本語ができる親切なおじさんが係の人に話をしてくれました。

金門島フェリーターミナル案内所

このロッカー、コインロッカーではなくていちいち係の人が鍵束を持ってきて開け閉めしてくれるタイプ。そして無料。というわけで無事荷物を預けることもできました。

ちなみに中心地へ向かうバスは金門島観光公車ㄐㄧㄣ ㄇㄣˊ ㄉㄠˇ ㄉㄤˋ ㄍㄨㄤ ㄍㄨㄥ ㄔㄜの7Aに乗ればいいよ。

金門島中心部行きのバス

所要時間はこんなにはかからないけれど、ちゃんとGoogleマップのルート案内にも出てきます。

金門島中心部行きのバスルート