一周乗車券というやつで身延線に乗ってきた

2016年7月18日

海の日の3連休、近場でどこか良いとこないかな?と探していたら、身延線に乗りたくなってきた。「よーし、青春18切符で乗り放題だ!」と思っていたのによくよく見たら利用期間外。3連休明けの7月20日から有効じゃないの!

要は片道乗車券

調べてみると、一筆書きで回れる経路であれば同一発着地を片道乗車券として発券できるっぽい。うちから近いJRの駅は中央線の東中野。ここから一旦都心へ抜けて、東海道線から身延線、中央線と輪っかで繋げば成立しますよ、これ。距離計算してみましょうか。

発駅 着駅 路線 距離 積算距離
東中野 新宿 中央本線 2.5km 2.5km
新宿 品川 山手線 10.6km 13.1km
品川 熱海 東海道本線(JR東日本) 97.8km 110.9km
熱海 富士 東海道本線(JR東海) 41.6km 152.5km
富士 甲府 身延線 88.4km 240.9km
甲府 東中野 中央本線 121.3km 362.2km

東京都区内の距離計算がよくわかりませんが、まあこの行程であれば300kmを超えることは間違いないでしょう。というわけで途中下車可能な3日間有効の乗車券ができました。

ちなみにこの距離だと運賃は6260円。なんと青春18きっぷ3枚分より850円もお安くなります。

乗ってみた

初日は中央線の東中野から出発です。中央線は西荻窪までが東京都区内みたいですね。

中央線の中野駅から出発

代々木で山手線に乗り換えて品川へ。ここから東海道線で熱海まで行けます。が、せっかく途中下車できるので根府川で降りてみました。

東海道線の根府川駅で途中下車

東海道線がJR東日本からJR東海に切り替わる熱海で電車を乗り継いで、三島で途中下車。ランチタイムです。

東海道線の三島駅でランチタイム

三島で遊んでいたら意外と身延着の時間が遅くなることが判明したので、富士ですぐに身延線に乗り換えて、富士宮で途中下車。

東海道線の富士駅で身延線に乗り換え身延線の富士宮駅で途中下車

ここでなんと特急利用です。青春18きっぷと違ってただの普通乗車券ですから、特急券さえ買えばそのまま特急に乗れちゃう!

特急ふじかわふじかわ車内

この日は身延に泊まりました。

身延線の身延駅で初日終了

翌日身延から甲府までは距離が短いので、ちょいちょい刻みながら移動。まずは甲斐岩間で途中下車。

身延線の甲斐岩間駅で途中下車

続いて市川本町。ここでランチタイム。

身延線の市川本町駅でランチタイム

そして甲府の手前、金手(かねんて)で降りて二日目終了。

身延線の金手駅で二日目終了

最終日は甲府から。

中央線の甲府駅からスタート

一気に高尾まで移動して、ランチタイム。東京に入ったことで気が抜けたのか、駅標撮影忘れ。

快速で中野まで移動して、各駅停車に乗り換えて出発点の東中野に到着しました。

中央線の中野駅で乗り換え

中央線の東中野駅に到着

1日でも回れるけど

この行程なら1日でも回れると思うけど、せっかく途中下車できるきっぷだし、電車乗りっぱなしというのも疲れちゃうのでこのくらいゆっくり回るのもいいんじゃないすかね?

途中下車の大半が無人駅だったので、下車印は4つしか押してもらえませんでした。

下車印を押された一周乗車券

あと、いざという時の特急利用、サイコー!?(^o^)/

一周乗車券と特急券