台北101へ行ってきた

2015年10月7日

香港でSky100に上った時その存在を知った台北101。これは上らなきゃと思っていたので、今回のメニューから外すことはできないのです。

夜の台北101

展望台の料金は500NTD。さて、昼間に上るか夜に上るか。。。

台北に着いた夜、小籠包を食べに行った食堂が台北101に近かったので、そのまま歩いて行ってみました。午後6時を回ったあたりからライトアップが始まりました。

黄昏時の台北101ライトアップされた台北101

真下にやってくると、もはやなんだかわかりません。中は高級ブランドショップがたくさん入っていて、まったくご縁がございませんです。

台北101の真下台北101の中

朝の台北101

結局展望台には昼間上ることにしました。昨日下調べしておいた5階展望台入り口を目指します。朝9時を回ったところなのでお店は閉まっていて、エスカレーターも動いていないのでエレベーターで上がります。

朝の台北101展望台入り口

展望台行きエレベーターは朝も早よから数十人の列ができていて、10分ほど並びました。

ちょっと霞んでいるなぁ。

展望台からの眺め

そして記念スタンプ。このタコみたいなキャラクター、Damper Babyって言うんだ。で、ダンパーってなんだ?ってことなんですが。。。

台北101のスタンプ

このでかい玉がウィンドダンパー。香港とかと違って地震のある台湾ですが、この超高層ビルにとっては地震よりも風の方が大敵らしく、その揺れを吸収するのがこのウィンドダンパーだそうです。

ウィンドダンパー

でかいね。

ウィンドダンパー

で、もう一段上に上がると屋外展望台。台北101の先っちょの根元部分に出ることができます。ただまぁシンガポールのマリーナベイサンズとかと違って、非常にがっちりガードされているので景色は屋内の展望台の方がいいかな。

屋外展望台

屋外展望台から見た台北101の先っちょ

下りエレベーターに乗るころには人も相当増えていて、エレベーター待ち30分近く。夜に来てたら帰りは相当待たされそう。

さ、ここまで来たら次はBurj Khalifaへ行くしかないか!?…さすがにドバイは遠いよな。