ビクトリアハーバー

初めての香港で最初に行った観光地です。Tangsでハンコを作った後、その足でビクトリアハーバーに向かいました。

Avenue of Stars

ビクトリアハーバーは九龍半島(Jiǔlóng bàndǎo / Kowloon Peninsula)と香港島(Xiānggǎng dǎo)とに挟まれた湾で、互いにスターフェリーで行き来できます。Tangsのあるペニンシュラホテルからすぐの場所。

フィルムをまとった女性の像

九龍半島側の湾に出ると映画のフィルムをまとった女性の像。

左手側の岸がAvenue of Starsになります。中国語で星光大道(Xīngguāng dàdào)。ここには香港映画スターの手形がたくさんあります。

ブルースリーの手形はない

ジャッキーチェンの手形

ジェットリーの手形

で、ブルース・リーの像もある。

ブルースリーの像

みんなここでポーズとって記念撮影するね。

香港映画ファンならずとも一度は訪れてみたいところ。

撮影スタッフの像

訪れたのは2015年のゴールデンウィークだったんですが、その後改修工事により2018年末まで閉鎖されているようです。

Symphony of lights

夜は香港島側のビル群のイルミネーションショーが見られます。これを見に行ったのは3度目の香港、2017年の正月です。

香港島からスターフェリーで九龍半島へ渡ります。

夜のスターフェリー

九龍側の夜景も綺麗。

九龍側の夜景

夜8時頃になると九龍側のフェリーターミナル周辺に人が集まります。1月明けてすぐの週末だったからか、それほど混みあっていない感じ。

シンフォニーオブライツの人出

シンフォニーオブライツの人出

海岸沿いには人がびっしりいるものの、2層にも3層にもなるでなく、ちょっと待っているとたまに空きが出たりして、岸で見ることもできました。

シンフォニーオブライツ

スターフェリーとは別に古い中国帆船風の船も浮かんでいて、もしかしたら海上からイルミネーションショーを見るツアーがあるのかも。

ビクトリア湾に浮かぶ帆船

遠目に見ても綺麗だったんで、それはそれでいいんですけどね。