酒店いろいろ

2015年5月24日

世界をひとりで歩いてみたを読んで、「Booking.comアプリでも入れておけば何とかなるか」と、初日の宿以外は押さえずに渡航。


香港富豪机場酒店

初日は夜中着だし初めての国だし、初のプライベート海外旅行だしってことで、空港直結の香港富豪机場酒店(hoeng1 gong2 fu3 hou4 gei1 coeng4 zau2 dim3|Regal Airport Hotel)を日本で押さえておきました。

念のためiPadでExpediaの予約画面見せながら「チェックイン、ぷりぃず」と。パスポートとクレジットカードの確認後、ルームキーを受け取ります。

香港のホテルは高いだけあって部屋はいいね。ここはパイロットやCAも泊まるホテルだしね。

リーガルエアポートホテル入り口リーガルエアポートホテルの部屋

このホテルはロビーを中心に左右に部屋があって、泊まった部屋からこのロビーのガラス天井が見えました。

リーガルエアポートホテルのロビー

鴻京酒店

翌日は少し安めの宿を旺角(wong6 gok3|Mongkok)にとってみました。とは言えさすがにゲストハウスはきついかなと、1万円ぐらいは出したんですが。。。

Expediaで予約したその宿の名は住遊行渡假賓館(zyu6 jau4 hang4 dou6 gaa3 ban1 gun2|Geo-Home Holiday Hotel)。彌敦道(mei4 deon1 dou6|Nathan Road)沿いにあるその建物がこちら!

金輪大厦

…ま、ある意味面白いっちゃ面白いんだが。

金輪大厦住遊行渡假賓館

いざチェックインしてみると予約が通っていなかったりして。( ̄▽ ̄)

なぜか案内されたのが2フロア上のこちら。鴻京酒店(hung4 ging1 zau2 dim3|Chung King Hotel)。違う宿じゃん。。。

めっちゃゲストハウスだし、「いきなり連れてきても困る」みたいな感じでちょっと揉めてるし!

鴻京酒店入り口鴻京酒店の部屋

ベッドしかない。でもってシャワーは便座の上。(香港ではよくあるスタイル)

さっきの宿は英語通じるのに、ここのおばちゃんは全く英語が通じない。

でも、事あるごとに「ここへ連絡しなさい」と言わんばかりに宿のカードをくれる。あんた、言葉通じんやんけ!と言いたいが、こっちも中国語できん。(黄色いカードは予約したほうのホテル)

ホテルカード

で、門限聞いたら夜は寝ちゃうから早く戻れ言う割に、真夜中までデカイ声でず〜っと電話してるし。ま、そんな状況でも寝れちゃうから、何時まで話してたんかは知らんけどな。

旺角の夜旺角の夜

こうして図らずも深夜特急ばりに安宿の雰囲気を堪能できたのだ。高かったけど、ネタ的にはよかったです。

香港珀麗酒店

さて、最後の夜は香港島に泊まります。Booking.comで押さえた香港珀麗酒店(hoeng1 gong2 paak3 lai6 zau2 dim3|Rosedale Hotel Hong Kong)。ドアマンが居りました。

チェックインの際、「部屋空いてるからアップグレードしますよ」的な事を英語で言われた気がします。で、入ったらコレだ。

香港珀麗酒店の部屋

ベッドルームの手前にリビングがありますよ。ベッドルームもでかいベッドがふたつもある。そすて窓の外には維多利亞湾(wai4 do1 lei6 ngaa3 waan1|Victoria Harbour)越しの九龍半島(gau2 lung4 bun3 dou2|Kowloon)。やや東側ではあるけれども。

香港珀麗酒店からの夜景

最後の最後に大満足。