香港でSIMを調達

2015年5月22日

2015年、最近流行りのSIMはDiscover Hong Kong Tourist SIM Card。香港政府観光局が渡航者用に推しているものだそうです。iPad用に調達します。

香港国際空港でSIM調達

今回の香港入りは現地時間の22時。事前の調査では到着ロビーのキャリアショップが23時まで営業していて、nano SIMを入手できるとのこと。

1010。見つけました。香港初の買い物です。「つーりすとしむ、ぷりぃず」って言ったのに、出てきたのはone2freeの7日間有効プリペイド。これしか在庫ないみたい。まぁ、いいか。

one2free SIMのパッケージone2free SIM

ちなみに夜は空いていたけど、朝は大混雑でした。

夜のキャリアショップ1010朝のキャリアショップ1010

iPad miniを差し出して設定してもらうも、SMSが受信できないと開通しないみたい。店頭のiPhoneに挿し直して開通処理後、「Restart, OK! Bye-bye!」と店を追い出された。閉店間際とは言えすごい接客だなぁと思うと同時に、外国に来たんだなぁとも思う。とりあえず店先で電波掴むの確認してから立ち去りました。

重慶大厦でもSIM買えるみたい

翌日、昼間に重慶大厦(cung4 hing3 daai6 haa6|Chungking Mansions)へ行ったら店先のインド人からSIMカードいらんか?と声をかけられまくり。「No no…」と首を振ると「アリガト。サヨナラ」と。日本人てバレてる。今度来るときはここで買うのもありかな?

もともとここは、深夜特急に出てきたビルで、見てみたかったから来ただけでSIMカード買えるなんて思ってもみなかったんだ。

Amazonで買う >> 深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

それにしても外観は相当綺麗になっていて普通のショッピングモールと変わらない。中は古びたアキバのパーツ屋みたいだけど。

重慶大厦、表の顔重慶大厦の内部

しかし裏へ回るとこんな感じ。香港っぽい!(≧∇≦)

重慶大厦、裏の顔