多摩川を歩く

前回八王子を25km歩くイベントに参加しどうにか踏破できましたので、さらに距離を伸ばすべく多摩川十里というイベントに参加してきました。

こちらも前回同様、東京都ウオーキング協会が主催です。「第25回 春一番・多摩川十里」というタイトルで、サブタイトルとして「卒業生祝福ウォーク」とあります。こちらの40kmコースに参加しますよ。

足痛対策

前回のウォーキングで足の小指がすごく痛くなりました。内反小趾というものらしく、足の小指の腹が内側を向いていて隣の薬指で踏んじゃうっていう。。。

そこで軍足のつま先だけのやつを履いてみました。結果は良好。ただし親指と人差し指の間が股ズレしました。あまり深く履くのもよくないですね。

5本指靴下

それからウォーキングシューズも調達しました。近所のASICS WALKINGで勧められたFIELDWALKER SS G-TXというモデル。インナーがしっかりしていてインソールを作らなくていいよと言われたんですが、今回両足とも内側のかかとが痛くなったので今度お店で相談してみます。

ウォーキングシューズ

いずれにしても40km踏破にあたり、有効な対策になりました。

恵比寿公園から出発

前回同様、駅から集合場所までの要所にスタッフの人がいるので、迷うことなく恵比寿公園に到着。当日参加受付を済ませるとコース図とともに参加賞の帽子を貰いました。せっかくなので今日はこれをかぶって歩きましょう。

コース図と帽子

今回は20km、32km、40kmの3コースあるんですがいずれもゴールは同じ場所。それぞれスタート地点が違います。なので前回の八王子のイベントと比べてスタート地点での参加人数は少なく感じます。が、卒業生祝福の割に参加者は高齢者ばかりで今回も若手としての参加となりました。

参加者の皆さん

軽く準備運動をしたあと、8時過ぎに恵比寿の街なかへ繰り出します。日曜の朝なので大勢で歩いてもそれほど迷惑にはならない感じです。

恵比寿の街なかを歩く

多摩川沿いを歩く

恵比寿から駒沢通りを1時間半ほど歩いて二子玉川までやってきました。兵庫島で第1チェックポイントを過ぎ、ここからは多摩川の河川敷を歩きます。

多摩川河川敷多摩川河川敷

テニスやら野球やらゲートボールやら。。。老若男女がスポーツに勤しんでいて非常に健康的ですね。ランナーやチャリダーが行き交う河川敷を歩きます。

バイクの安全運転講習やら謎の放置旧車やらを眺めているとペースがやや落ちます。

バイクの安全運転講習

謎の旧車

途中のコンビニで弁当を調達して、多摩川を眺めながら昼休憩。靴下まで脱いで足を休めます。

昼ごはん

多摩ニュータウンを歩く

第2チェックポイントの関戸橋を制限時間ギリギリに通り過ぎたら鎌倉街道を通って多摩へ向かいます。

第2チェックポイント通過

よくわからないけど、多分多摩ニュータウン。日曜の午後なのにひと気がないなぁ。コース図を見ながらひたすらゴールを目指します。

多摩の住宅地多摩の住宅地

そして15時20分ごろ、制限時間に対して40分の余裕をもってパルテノン多摩にゴールイン!体力的には余裕はまったくないけどね。

パルテノン多摩

極楽湯でリフレッシュ

このままウチへ帰るだけの気力も体力も残っていないので、スーパー銭湯の極楽湯へ行きましょう。

極楽湯多摩センター店

まずは慰労の乾杯をしてからおもむろに風呂へ。

入浴前の一杯

汗を流し、疲れを癒し、軽い晩酌を夕食代わりにとってから、無事に帰宅しました。

風呂上がりの一杯

京王多摩センター駅周辺はキラキラしていました。

京王多摩センター駅周辺