超吸水マイクロファイバー傘カバー

2016年6月18日

宣伝ですよ。(ΦωΦ)

と言ってもですねぇ、これは実際に使っていてとても重宝しているのでご紹介するんです。ま、気が向いたらアフィリエイト踏んでくださいよ。

濡れた折り畳み傘の取扱い

折り畳み傘って便利ですよね。雨が降っていないときは小さく折り畳んで鞄に仕舞える。突然の雨の時にサッと取り出して雨をしのげる。ま、強い雨にはちょっと歯が立たないですが。

そんな素敵グッズ折り畳み傘!サイコー!!*\(^o^)/*

…なんですが、使った後の扱いに難点があります。鞄に仕舞うにも傘が濡れていてですねぇ、仕舞えないですよ。ちょっとした水滴程度ならハンカチで拭ってもいいんですが、そこそこ濡れているとハンカチもベッタベタになっちゃうし、その上傘も濡れたまんまだし。。。

コンビニの袋とか忍ばせておいて、これに入れてもいいんですが見た目がね、とても貧乏くさい。加えて収納時の姿勢が悪いと袋に溜まった水が溢れて鞄の中濡らしちゃうし。

そこで超吸水マイクロファイバー傘カバー

コンビニ袋、発想としてはいいんですよ。でももうひとつ何かが足りない。というわけで超吸水マイクロファイバー傘カバー!

まず、袋の裏地がマイクロファイバー製のタオル生地なので傘の水滴をすばやく吸収!結構ぐっしょり濡れた傘でもサッと水滴を振り払ってから仕舞えば大丈夫。屋内と屋外を行ったり来たりするような使い方でも、水漏れもなくとても快適。

超吸水マイクロファイバー傘カバー

そしてこの袋、長方形形状なんですが3辺をぐるりとジッパーが回っていて、傘収納時は完全に閉じるのに袋のメンテ時は完全開放で一枚布のようになります。使い終わったらベロっと広げておけば乾燥も早い!

超吸水マイクロファイバー傘カバー

袋の外側は撥水性の生地になっていて内側の水分が染み出すこともない。これは便利です。

旅のお供に

もともと通勤用に買ったんですが、旅のお供に最適ですよ。旅行では大きな傘を持ち歩くことは少ないと思いますが、折り畳み傘も濡れてしまうと取扱いが意外と不便。

雨の中の旅行はあまり外を歩かないようにしたいものの、移動はそうも言っていられない。そんな時この超吸水マイクロファイバー傘カバーに傘を仕舞ってしまえばスマートに旅を続けることができますよ。

バッグに収まる超吸水マイクロファイバー傘カバー

対応する傘のサイズは折り畳み時の全長が25cm以下、全周が20cm以下ということでやや小さめではありますが、もともと旅行に持っていく傘はあまり大きくない方が便利です。

この程度のサイズならメッセンジャーバッグにも問題なく入るので、傘を仕舞えば両手が自由になって楽チンですよ。愛用のTumiのバッグにも問題なく入ります。

…でも、お高いんでしょう?(w

ほんの数百円です。ぼくが買った時は350円。まだアマゾンの送料も掛からなかったのでメチャメチャ安く買えました。

内側のマイクロファイバーの色はグリーン、ブルー、オレンジの3種類!ってどこかのテレビショッピングみたい。

濡れた傘の扱いにお困りでしたら是非、使ってみてください。とても便利ですよ。( ´ ▽ ` )ノ